今なら半額キャンペーン実施中

どろあわわ激安はココ!TOP > どろあわわの使い方 > どろあわわの使い方

どろあわわの使い方について

 
せっかく吸着力の優れた石鹸を使っても正しい使い方をしないと美肌には近づけません。実際に多くの方は説明書を熟読せずに我流に使用してしまい「どろあわわは効果ない。」と言っている方がいるのは残念でなりません。

ここでは正しいどろあわわの使い方について説明します。

1、洗顔の前準備
  1. メイクを落とす。
    メイクをクレンジングでこすらずに落とす。

  2. 手を洗う。
    手の汚れは優先的に石鹸の洗浄力が使われますので最初に綺麗に洗い流します。

  3. 顔を素洗いする。
    乾いてる顔にいきなり泡を乗せると洗浄力が強すぎて肌に負担がかかり、かえって肌荒れの元になりますのでまずはぬるま湯で顔を軽くすすいでおきます。


2、泡立ての準備
  1. ネットに水を含ませる。
    ネットに軽く水を含ませます。

  2. 適量をとる。
    小さじで一杯程度(もう少しすくなくてもいい)押し出してネットの中に置きます。ネットの中の方が上よりきめ細かな泡が作れます。


3、泡の立て方
  1. 少しずつ水を足す。
    加減をみながら泡が十分に立つように水を足します。

  2. 空気を含ませるように揉む。
    空気と水を合わせるようにクチュクチュと揉んでふっくらとした泡を作ります。

  3. 泡をマシュマロ状にする。
    泡をまとめあげ手の平に取りマショマロ状にする。この時手を逆さにしても落ちません。落ちてしまうようでは泡作り失敗と言えます。



4、洗顔マッサージ
  1. 弾力泡を顔全体にのせる。
    顔全体に特におでこや鼻筋は厚めに泡を載せます。
    泡の厚さは2Cmくらいで直接手が顔に触れないくらいが目安になります。

  2. Tゾーンを先に洗う。
    泡を指の腹で螺旋を描くようにおでこは内側から外側に鼻は下から上にすべれせます。この時、こすってはいけません。あくまで泡の弾力で皮脂や汚れを取り除きます。

  3. その他を洗う
    目、口の周りはやわらかく頬とフェイスラインは大きな円を描きながら上へ持ち上げるようにすべらせます。

  4. 首筋も洗う
    首は手の平全体を使ってやはりこすらずに下から上へ引き上げるようにリズミカルに泡をすべらせます。

  5. 残った泡の活用
    残った泡で肘やかかとを洗うと角質対策になります。

  6. 泡を洗いながす。
    32℃のぬるま湯で泡が残らないように洗い流します。32℃というのがポイントで熱すぎると必要な潤いを落としてしまい、反対に冷たいと毛穴が閉じてしまい汚れが落ちにくくなってしまいます。

  7. 清潔なタオルで押さえるように拭く
    清潔なタオルでこすらずに水分を拭き取って下さい。


以上がとても大事な点で1〜4を守らずに我流で洗顔してしまっている方が実に多いのが現状です。

折角いい洗顔石鹸なのにこれでは勿体無いです。

洗顔のキーワードをもう一回あげておきます。こすらないぬるま湯です。

良い洗顔石鹸は正しく使って良い効果が現れるのです。

どろあわわは他の洗顔石鹸に比べて少し高いですが正しい使用法を守ると価格以上の効果が現れるのは確かです。
 

どろあわわの使い方記事一覧

どろあわわの使い方

せっかく吸着力の優れた石鹸を使っても正しい使い方をしないと美肌には近づけません。実際に多くの方は説明書を熟読せずに我流に使用してしまい「どろあわわは効果ない。」と言っている方がいる...